2011年、ホリデースクール、始まります。   

明けましておめでとうございます。
いよいよ2011年の幕開けですね。

生きとし生きるものが平和でありますように。
それぞれが最大限の情熱をもって、幸せで、そして自由でありますように。
各々の目的に向かって日々行動し、目的をひとつづつ達成する年にしましょう〜!!

SHRIが支援するホリデースクールがそろそろスタートします。

参加希望者はおよそ120名~140名。

チベット人なのに中国語しか話せないF地域のチベットの子供たちを対象に行います。
この地域は、漢民族が多く流入しているために、チベット人が漢族化してしまったといわれています。

シュリのスタッフが村に話にいったところ、村人たちはたいそう喜び、
学校を冬休み中、貸してもらえることに!
さらに、食事の賄いは、村のお母さんたちが交代でやってくれることになりました!
食費はシュリが支援します。
半分半分、互いが責任を持って、
できることをしましょう〜、協力し合いましょう〜!!という取り決めです。
美しいですね。

なお、青年たちの間から、このスクールに参加したいという声があがっています。
小学生、中学生、高校生、そして青年たちに向けて、チベット語と英語を主に教えます。

さらに、SHRIでは、ほかの県で、小・中学生に中国語のプライベートスクールも同時開催します。
ご存知のように、昨年秋からすべての学校の教育言語が中国語に変わったため、
授業についていけない子供たちが多くなってきています。
ヤクや羊たちと育った遊牧民の子供は
中国語など耳にすることもなく平和な大草原で成長し、
小学校へあがり寄宿舎生活を始めます。

わ〜い、学校だ!と喜んで行ったところが、
突然、チベット人の先生が中国語で話し始めるわけですから、
子供たちにはチンプンカンプン。
お口もぽか〜んと開いちゃいますよね。

だからこそ、2ヶ月もある休暇中に、中国語、チベット語、英語を教える必要があるのです。

このスクールには、SHRIがサポートしている高校生たちも参加し、
徹底的にチベット語を学びます。

3名の高校生はそれぞれ違う県にいますが、さらに遠くの県のF町へ移動。
3人は初めて顔を合わせて、集中授業を受けることになります。

どうか、皆さま、このホリデースクールへのご支援・協力をお願いいたします。

合掌
[PR]

by shri_amdo | 2011-01-09 20:14

<< 第1回SHRIホリデースクール... 2011年カレンダーできました >>