若き雪獅子たちへ捧ぐ   

あなたがたは、勇敢な若き獅子。
まだ小さなその手で自らの自由をつかみ取ろうとする。
あどけなささえ残る、ソプラノの美しい咆哮。

誇り高きたて髪はヒマラヤの神々からの贈り物。
輝く髪を風にたなびかせ、歩め、若き雪獅子たちよ。

いつの日か、あなたがたは必ず甘美な栄光を手にするはず。
世界はこのまま退行するわけはないから。
世界は自由と平等と愛と平和に向けて進んでいくのだから。
世界中の命あるものは、幸せであらねばならないのだから。

それが、この世に生を受けた者の義務と権利。

水晶の雪山に住まう女神ターラーよ。
優しきその手で、若き雪獅子たちの未来を一人残さず守りたまえ。

(10.19 レゴンの子どもたちの勇敢な行為に寄せて by Shri)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101021-00000019-rcdc-cn
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51515174.html
http://www.youtube.com/watch?v=Cy6Cso_KzfM&feature=player_embedded

e0183614_199418.jpg




e0183614_19104015.jpg
Security Tight in Tibetan Towns
2010-10-21
Chinese authorities in the remote western province of Qinghai dispatched large numbers of security personnel to Tibetan areas following large-scale student protests over education policies this week.

Local sources said thousands of Tibetan high school and college students took part in the demonstrations on Monday and Tuesday in Tsolho (in Chinese, Hainan) and Rebkong (in Chinese, Tongren) amid fears they will be forced to adopt a Chinese-language-only curriculum.

An official who answered the phone at the Rebkong county education department said there were no demonstrations on Thursday.

"Things are calm now," she said, but declined to comment further. "You should ask my boss these questions," she said.

A monk at the Longwu temple who took part in the demonstrations said there were dozens of army vehicles and personnel still on the streets Wednesday, according to exiled Tibetan sources.

"There are large numbers of them, but we can't be sure of the exact number," said Dzoege, a researcher at the International Campaign for Tibet. "We only know that there were between 20 and 30 army trucks."

The protest began on Tuesday, sparked by students from the Tongren County No.1 Middle School. They shouted slogans such as "Racial equality! Free education!" as they marched.

Teachers protest monk participation

The monk said that when he and others from the Longwu monastery joined the march, some of the teachers at the scene objected, saying the issue was an educational one, not a political one.

An official who answered the phone at the Rebkong country education department said that all the top-level officials were out dealing with the incident.

Authorities on Wednesday moved to calm tensions as the protests spread.

A local governor addressed students and assured them that the Tibetan language would remain in the school curriculum even though an official document said the Chinese language would be the main language of instruction.

The education department official said the authorities had not backtracked on the plan to use Chinese in schools.

"No, we haven't [changed our language policy in response to the protest]," she said.

"Classes are still running normally," she said, adding that the high school students who protested were "unlikely" to be punished for taking part.

Calls to the Rebkong county police department went unanswered during office hours on Wednesday.

'Kicking up a fuss'

An employee who answered the phone at the Telecommunications Guesthouse in Rebkong's county seat said the march was not as large as 1,000 students.

Estimates of protest size given by Tibetan sources ranged from as low as 1,000 to as high as 5,000-8,000.

"There weren't very many people. They were all from a single school," she said. "Before, Tibetan was the main medium of instruction, and now it will only be an available subject, and Chinese will be the main language of instruction."

"That's why they are kicking up a fuss."

A local resident surnamed Lan said Chinese had been the main language of instruction in all the schools he had attended in the region.

"There is a school here which specializes in Chinese-medium teaching, and one which specializes in Tibetan-language instruction," Lan said.

"You can be taught in Tibetan or Chinese from year one, as if it's your native tongue."

"A lot of the Tibetans here are herders. Of course they can't understand Chinese," Lan added.

U.S.-based Chinese political analyst Wang Juntao said a number of misunderstandings had occurred between Tibetans and Han Chinese during the Tibetan unrest of 2008.

"We all know that the language you use to teach people in a given country or region is a clear sign of ethnic identity," Wang said.

"If all the teaching gets done in Mandarin, with Tibetan relegated to the status of special subject, then that's probably going a bit far," he said.

China "otherizing" ethnic groups

Dawa Tsering, spokesman for the Tibetan government-in-exile based in northern India, said the Chinese government appeared to be in the process of "otherizing" different ethnic groups in China.

"There has been a long-running dissatisfaction of this kind in Tibet," he said. "Now, some Tibetan students are standing up ... because previously they were teaching dialectical materialism and Marxism ... but they were doing it in Tibetan."

"The Chinese government can't tolerate this," he said. "There is a direct connection between [this protest] and cultural and religious freedoms."

The Dalai Lama, who fled Tibet in 1959 after a failed uprising against Chinese rule, has accused Beijing of perpetrating "cultural genocide" in Tibet.

Beijing has run a high-profile "patriotic education" campaign among Tibetans since unrest spread across Tibetan regions from Lhasa in March 2008, requiring local people to denounce the Dalai Lama, whom the government rejects as a "splittist."

Original reporting in Cantonese by Bi Zimo, and in Mandarin by Tang Qiwei and Qiao Long. Translated and written in English by Luisetta Mudie.(RFA)
[PR]

# by shri_amdo | 2010-10-23 19:11

折り紙と絵本をギフトに(2)   

チベット語の絵本、ご覧になったことありますか?

アメリカのとあるグループがチベット人によるチベットのための絵本を制作しています。
今回、その絵本をどっさり、アムドの4つの小学校へ届けることができました!

チベットの民話や、オリジナルの物語。
チベットの動物たちを紹介するもの。
そして、チベット民族の衣装の塗り絵本。
どれも美しくカラフル! 子どもたちの瞳もキラキラ〜!
届け先の小学校ではこの絵本を使ってチベット語の授業が行われたそうです!

以下はチベットの動物をテーマにした絵本。作家は、NYのコロンビア大学の教授。
e0183614_17493615.jpg

e0183614_17511854.jpg
e0183614_17523892.jpg
e0183614_17531631.jpg

やけにかわいらしいカエルの物語!
e0183614_1753563.jpg

e0183614_18133064.jpg

チベットに古くから伝わる民話。
e0183614_17544832.jpg

e0183614_1895483.jpg

とってもおしゃれな塗り絵の絵本!塗り絵の部分をコピーして使います。
e0183614_17554886.jpg
e0183614_17562523.jpg
e0183614_1891246.jpg

[PR]

# by shri_amdo | 2010-10-23 18:30

折り紙と絵本をギフトに(1)   

夏、アムドを訪問した際、いくつかの学校へ
「手作り折り紙ブック」と「チベット語の絵本」を届けてきました。
手作りの折り紙ブックは、以前もご紹介しましたが
「かえでのおつかい」の皆様が丁寧に作ってくださったもの。
チベット語のウチェン、ウメ文字、英語と中国語、
日本語で折り方の説明をしています。

すばらしい出来上がりの折り紙ブックをリンポチェが経営する障害者の施設へさしあげました。
e0183614_1701637.jpg


ここは親を亡くしたり、捨てられたりした身寄りのない障害を持つ子供たちの施設で、
チベット人だけでなく、漢民族も、回族の子供たちもいます。
みんなが平等に(!!)リンポチェや近くの僧院のお坊さんや、
ボランティアのお姉さんたちから温かい愛情をいっぱい注がれて、子どもたちはいつも幸せそうです。

大人たちに守られて育つ子供の姿を見るだけで、ほっ〜として、思わず涙。。。

e0183614_1659424.jpg

構造的な頭脳を発達させるという折り紙。
風船や、鳥や飛行機。。。。
みんなで楽しんでくださいね。
ちなみにこのお姉さんたちは大学卒業後、職がないので、
この施設でボランティアスタッフとして働いています。
[PR]

# by shri_amdo | 2010-10-23 17:13

この夏チベットへ〜ホジョレ希望小学校、閉校のご報告   

7月末から8月上旬、アムドへ行ってきました!

昨年送られてきた寄宿舎と厨房の設計図と見積書を持って、
見積もりの交渉と建設のスタート日などを話し合うため、再び、懐かしいホジョレへ。

幹線道路からはずれ、草原の中の小さなデコボコ道を奥へ奥へ進まなければたどり着けない「ホジョレ希望小学校」。
標高は空気の薄い、4200m。
3年前は電気が通っていなかったのに、デコボコ道の脇には電信柱。
「すごい、こんなところまで電気がきたんだね、よかったね〜」と喜び合いながら、学校へ。

出迎えてくれたのは、代理校長とその家族と近くの遊牧民のお父さんたち。

夏休みのため、子どもたちを特別に集めます、という約束だったのだけれど、
子どもたちの姿はなく、、、、、話を聞けば、、、、、、
2日前、教育長から「ホジョレ希望小学校の生徒は、この秋から本校へ移動するように」との報告を受けたそう。

校長はがっくり。私たちはショック状態。 しばし、口もきけない状態に。。。

今、アムドでは小学校のマンモス化が始まっていて、あちこちの小学校が合併してるそう。
いずれ、本校も幹線道路脇にある他校と合併する予定とのこと。

私たちが以前訪問した完全設備の立派な小学校さえも町の学校と合併し、閉鎖されたそう。
その学校は別の県にあり、遊牧民や農民のチベット人たちが自分たちで土地を買い、
お金を集めて建てたそれはそれは立派な学校で、
門もあれば塀もあり、校庭もあれば、宿舎も厨房も、広〜い食堂も完備されていた。

施設が充実しているとか、していないとかの問題ではなく、
幹線道路脇や町の学校へ遊牧民の子供たちを集めていこうとする意向が読み取れるこの動き。。。。

遊牧民の親から子供はますます遠くに離れ、
子どもたちは遥かに遠い町の学校で寄宿舎生活を送ることになるというわけです。

しかも、今後、アムドの小学校も、チベット語以外の授業は漢語で行われることになるそうでです。
(ラサは去年からスタート。)

遊牧民の強制移住が進められている昨今。
この一連の動きのいく末は?

この世のものとは思えぬほど美しいチベットの空と花咲く大地に、
そしてそこに生きる人々とその文化のために、さらなる祈りを深く捧げます。

なお、Shriは、この秋より、高等教育の支援を開始しました!
[PR]

# by shri_amdo | 2010-10-04 15:05

遅らばせながら。。。   

ご無沙汰しております。
3月にブログを書いたまま、ブログ一時停止状態でした。。。。

4月はインドからいらした世界的に有名なモンテッソーリの教育者、ジェツン・ペマ先生と聖心女子大の永田佳之先生の講演会プロデュース。
『幸せになる』をテーマに、心を豊かに育てるホリスティックな教育について、皆さまにご提供できたのではないかと思います。

そして、悲劇の玉樹地震。
チベットの僧侶たちと中国の消防士たちが共に救助活動をしていた姿は今も忘れられません。
協力し合いながら、共に生きるチベットと中国の美しい未来の姿を垣間みた気がします。
私たちはすぐに義援金募集活動を開始し、
5月、短期間でかなりまとまった義援金を現地へ届けることができました。
地震で犠牲になった方々や被災した方々を想う、日本の皆さまのひたむきな真摯さと、温かな想いが伝わってくる日々でした。
ご協力くださった全国の皆さまに、この場を借りて、心より御礼申し上げます。
[PR]

# by shri_amdo | 2010-10-04 13:42