<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

NYミュージシャンチベット支援来日コンサート開催   

いよいよNYから「ムジカンコンティーゴ」の初来日です。
NY在住の日本人プロミュージシャン、3名からなるユニット「ムジカコンティーゴ」が
チベット支援のためにコンサートを開催します。

一人は新進気鋭のジャズピアニスト野瀬栄進。
もう一人は女性クラシックピアニスト森川実千代。
そして、クラシックヴァイオリニストの志村寿一。
3人はNYの音楽大学の同級生。
クラシック、ジャズ、ラテンの世界で活躍する3名が、この日、
ジャンルを超えて、新しい音楽表現を繰り広げます!
楽しい音楽の夕べとなること間違いなし!
当日券あります。
ぜひお出かけください!!

ムジカ・コンティーゴ 
「すべての命に、輝く希望と歓びを!」

クラシック・ジャズ・ラテンのジャンルを超え、
自由な発想で新しい音の世界を描く新感覚グループ。
NYから初来日です。
ムジカ・コンティーゴとはスペイン語で「音楽と共に」という意味。
音楽を愛し、NYに生きる3人が”命の歓び”を奏でます。

日時/2月10日(木)
開演/19:30 (開場19:00)
チケット/2,999円 (予約/090-4124-3623 担当:北澤)
*当日券販売 18:45〜
会場/目黒パーシモンホール(小ホール)
*東横線「都立大学駅」より徒歩7分
 http://www.persimmon.or.jp/

*売上の一部がチベット本土の子供の教育費として寄付されます。


野瀬栄進 Eishin Nose 〜ジャズピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー
マネス音楽院、ニュースクールのジャズ科卒業。ジャッキー・バイヤード、リッチー・バイラーク、フィル・マルコ・ウィッツ、バーリー・ハリス各氏に師事。NYの「ブルーノート」を始めとする有名クラブで演奏。
アルバム『Inside out dream』では、アメリカの音楽評論家に 『伝統的なジャズの
イディオムを超えたより自由な即興芸術を目指すアーティト』 と称賛される。
1995年度『Down Beat Award』を獲得。
2003年度でアレンジとピアニストとして参加したアルバムが、
『スイング・ジャーナル選定ゴールドディスク』に選ばれる。
作曲と演奏活動の功績が認めら、2009年度S&R Washington Awardを受賞
その他、ラプソディー・イン・ブルーをオーケストラと共演。
東京コレクションでのコラボ、加護亜依、ムジカコンティーゴをプロデュースするなど幅広い活動を行っている。

森川実千代 Morikawa Michiyo  〜クラシック ピアニスト
桐朋学園大学卒業後メキシコへ渡り孤児院で音楽教師としてボランティア活動、
黒沼ユリ子アカデミーでの伴奏、グアダラハラ日本人補習校で合唱を指導する。
マンハッタン音楽院修士課程、マネス音楽院プロフェッショナルスタディーズ修了。
日本、ヨーロッパ、中南米、アメリカで演奏活動を行なう。
日本—ハリスコ州政府友好記念コンサートにて、ゲストソリストとしてハリスコフィル
ハーモニックオーケストラと共演。セルバンテス国際ピアノコンクールにて特別賞を受賞。
ヘルマン・ディエス、ジェローム・ローズ、カール・U・シュ ナーベル、高橋従子各氏に師事。

志村寿一 Shimura Hisaichi〜クラシック ヴァイオリニスト
高校卒業後、来日中のルイス・カプラン教授の薦めにより渡米。
ニューヨークのマネス音楽大学に入学し、音楽学士、大学院修士課程を終了。
マネス・コンペティション優勝、アーティスト・インターナショナル・オーディションに合格し、
カーネギー・ワイル・リサイタル・ホールにて、ニューヨーク・デヴュー・リサイタルを行う。
カユーガ室内管弦楽団、主席第2ヴァイオリニスト、またメキシコにて
黒沼ユリ子氏主催のソリスタス・メヒコ・ハポンのメンバーとしても活躍。
これまでにジュリアード音楽院プレ・カレッジにてカプラン教授のアシスタント、
またグリニッジ音楽院講師などを務める。

Nose Eishin
e0183614_14525761.jpg


Morikawa MIchiyo
e0183614_1454195.jpg


Shimura Hisaichi
e0183614_16244487.jpg

[PR]

by shri_amdo | 2011-02-02 12:14 | イベント